水平器の利用

たとえば、カンタンな方法だと「住宅が水平かどうかをチェックするための水平器を持ち歩く」という手段があります。この手段を利用すると、売る側はかならず「この人はなれている」と解釈します。その利用者が住宅関係のことに慣れていなかったとしても、「水平器を持ち歩いているということは、身内に建築関係の人がいるということかもしれない」と勘違いさせるには十分なので、若くてなめられやすい女性なども、水平器を持ち歩くと良いのです。また、言動の一つ一つをメモする、というのも「しっかり者」に見せるには効果的です。レコーダーをちらつかせる、というのも法的知識への造詣を覗かせることができるので有効です。若い女性は本当に、それだけで不利な場面に立たされがちなので、上記のような手段をしっかり使うようにしてみましょう。

Copyright ©All rights reserved.不動産の下見の注意点.